ビリヤード1年でA級になりたい。Bクラスでも参考になりそうな参考ショット集めました。

取り切り参考 記事の一覧

このコーナーは、Bクラスであれば取り切れて当然の課題を頭で考えたいです。(技術は練習するしかありません)   まずは、下記のエントリーを読んでいなければ、ご一読下さい。 https://billiard-lab.com/?p=799 端

▼続きを読む

このコーナーは、Bクラスであれば取り切れて当然の課題を頭で考えたいです。(技術は練習するしかありません)   まずは、下記のエントリーを読んでいなければ、ご一読下さい。 https://billiard-lab.com/?p=799 端

▼続きを読む

このコーナーは、Bクラスであれば取り切れて当然の課題を頭で考えたいです。(技術は練習するしかありません)   まずは、下記のエントリーを読んでいなければ、ご一読下さい。 https://billiard-lab.com/?p=799 端

▼続きを読む

このコーナーは、Bクラスであれば取り切れて当然の課題を頭で考えたいです。(技術は練習するしかありません)   まずは、下記のエントリーを読んでいなければ、ご一読下さい。 https://billiard-lab.com/?p=799 端

▼続きを読む

このコーナーは、Bクラスであれば取り切れて当然の課題を頭で考えたいです。   まずは、下記のエントリーを読んでいなければ、ご一読下さい。 https://billiard-lab.com/?p=799 端的にまとめると、上記では、

▼続きを読む

突然ですが、 例えば、下記の配置。   フリーボールで取り切れますか? Bクラスの皆さんは、10回くらいやってみて下さい。何回くらい取り切れますか? ちなみに、私は7回でした。 この確率は低すぎなことが分かりました。

▼続きを読む

超基本であり、超高頻出な配置であり、1ラックに1度は出てくるような「くの字」の配置。 一般的には、「くの字」になっている、レールに向かって手玉がいく配置とか言われています。(薄いショットとかはもはや「くの字」になっていませんが)  

▼続きを読む

最近出た、ハウストーナメントや大きい大会の反省点。特に試合の勝敗に左右した配置やショットの練習メニューです。 ほとんど終盤のプレイです。というか、終盤しか覚えていない。 たぶん、この先も死ぬほどよくあるポジションなので、死ぬほど練習すれば次に生きるかと。

▼続きを読む

本日はすごく基本的なことになってしまうのですが、 穴前の球ってすごく厄介です。 入るのは当然なので、つい確認せずに撞いてしまったりします。 下記は、かなり基本的なことですが、よくあるミスあるあるを3つ挙げました。 ①球がどれくらい死ぬかを計算していな

▼続きを読む

Bクラスでも真似できそうなセーフティ参考記事。 2017 US Open 10-Ball: Gomez vs He この例題で2点参考になったのでシェア。 下記の配置でどう打つか。     図にすると、(多

▼続きを読む