ビリヤード1年でA級になりたい。Bクラスでも参考になりそうな参考ショット集めました。

最近、たまーに使えるのではみたいな厚みの見方を発見したのでメモしておきたいと思います。(既出だったらごめんなさい) とはいえ、CTE(Center to edge)みたいなものなので、既に多くの人が知っているようなシステムかもしれません。  

▼続きを読む

随分と更新が遅れました。久しぶりにブログを書きます。(そこそこ長文です)   本日は「武井壮さん(以下、敬称略)」について語ろうかと思います。 何故「武井壮」かというと、このサイトはどういうワードで流入されているかを少し調べていたところ、「武

▼続きを読む

長らく更新できておりませんでした。 前回はビリヤードyoutubeチャンネル国内版をお送りしました。   当然のことながら、日本と比にならないくらいのチャンネルがあります。一生かかっても見切れない量だと思います。さらに増えていくことと思います

▼続きを読む

コロナの影響で非常事態宣言が出され、自宅待機、ビリヤード場は休業する中、ビリヤード界に明るい話題があるとすれば、ビリヤードのyoutuberが増えたということだと思う。 最近では、土方Pがyoutuberチャンネルを開設されて、ものの見事に2,3日で登録者が100

▼続きを読む

平撞きでかなり意識して挑めている時、頭がすっきりしていたり、余裕がある時は結構意識ができているのだけど、 試合や相撞きでついカッカしてしまうと、よく忘れてしまう事がある。 まぁこれは交感神経優位になった状態で、冷静な判断ができていないということだと思いますが

▼続きを読む

先日書きましたエントリーで、ファールについて取り上げましたが、スクラッチもたくさんしていたわけでして、 スクラッチ⇒残り4つ以下であれば、9割以上の確率でそのラックを失うということが分かりました。   https://billiard-lab

▼続きを読む

更新が滞りました。 よく上級者と試合をやる際にスクラッチを始めとしたファールをした時点でほとんどの確率で取り切られるので「ファールした時点で諦めた」という経験はあるかと思います。 ブレイクスクラッチをしても、オープン配置であれば大抵の確率で取り切られると思い

▼続きを読む

センターショットをひたすら練習するのもいいですが、たまには手球のことも考えてみたいと思います。 センターショットは全厚なので、押し引きでどれだけ押せたか引けたかを分かる目安としては分かりやすいのですが、   センターショットの欠点としては

▼続きを読む

今週末に東京で地上最強B級戦(以下地B)が行われます。 地Bは年に3,4回開催されているのですが、今回から新しい試みとして、チェスクロックが初戦から導入されます。(去年は3回戦あたりから導入があった) 初戦から=全員が対象というのが非常に大きいポイントです。

▼続きを読む

更新が滞っておりました。。。 Bクラスでも真似できそうな上級者のセーフティを参考にする記事     クイズ、下記の配置であなたならどう撞くか?? 狙いは③番現状    

▼続きを読む