ビリヤード1年でA級になりたい。Bクラスでも参考になりそうな参考ショット集めました。

キックショット、システム 記事の一覧

下記の例で、⑧から⑨へ。 赤線のラインに出したかったことが、白点線のようなスクラッチをすることはしばしばあります。「例①」   正直、この辺りはコンディションや僅かな厚み、捻りによっても変わってくるのですが、 1ポイントくらいの

▼続きを読む

下記のような配置があり、迷った挙句、中途半端なところに出て取り切れなかったことがあります。 穴前から次の出しは結構苦労することがあるので、今さらかもしれませんが、基本的なことを再度確認したいと思います。     厚みから手

▼続きを読む

前回の続きでもあるのですが、手球がレールから離れた場合においても別の方法で代用が可能です。   例えば、下記みたいなときに、   下記のようなイメージで当てるのは簡単ですが、狙えるのであればサイドポケットも狙いたいとこ

▼続きを読む

最近、試合で何度かこういう局面にあったのですが、いずれもミスをしてしまいラックを落としてしまいました。       当てるだけであれば、下記とかを使う方が多いのかもしれませんが、  

▼続きを読む

システムが続きます。 今回は、縦系の2クッションシステムです。 前回の、ファイブアンドハーフシステムとハーフVシステムとプラスツーシステムと同様に覚えていると便利です。 上3つは有名ですが、意外に知らない人は多いです。 また、ファイブアンドハーフシステムが分かって

▼続きを読む

システムが続きます。 前回の、ファイブアンドハーフシステムとハーフVシステムに並んでよくつかわれるシステムです。 今回は、プラス2システムです。 このシステムは、キックショット以外に、ライン出しとかにも結構有効です。これは、上記2つに比べれば計算も非常に楽なので覚

▼続きを読む

システム関連のエントリー続きます。 前回の、ファイブアンドハーフシステムと並んでよく使われるのが、ハーフVシステムです。配列や考え方も似ています。 これも上級者なら当たり前に知っているシステムですが、Bクラスでも簡単に習得できます。そして、めちゃくちゃよく使

▼続きを読む

人によって言い方が違ったりしますが、5システムとか、英語だとConer-5 Systemとか言われるみたいです。 起点が5ではなく、50でやる場合もありますが、私は分かりやすいように5でやっています。   上級者なら当たり前に知っているシステ

▼続きを読む

前回のエントリーに引き続きキックショットのシステムをお伝えします。 空クッション、キックショットの便利なシステム① 空クッション、キックショットの便利なシステム②   前回のキックショットは計算をする必要がありました。小数点が入った時と

▼続きを読む

昨日のエントリーに引き続きキックショットのシステムをお伝えします。 https://billiard-lab.com/?p=1170   昨日のエントリーは的玉が長クッションに近い時でした。 今回は手玉が長クッションに近い時です。計算方

▼続きを読む