ビリヤード1年でA級になりたい。Bクラスでも参考になりそうな参考ショット集めました。

下記の例で、⑧から⑨へ。 赤線のラインに出したかったことが、白点線のようなスクラッチをすることはしばしばあります。「例①」   正直、この辺りはコンディションや僅かな厚み、捻りによっても変わってくるのですが、 1ポイントくらいの

▼続きを読む

下記のような配置があり、迷った挙句、中途半端なところに出て取り切れなかったことがあります。 穴前から次の出しは結構苦労することがあるので、今さらかもしれませんが、基本的なことを再度確認したいと思います。     厚みから手

▼続きを読む

前回からの続きです。 今回は、主に狙い方の参考になります。   ⑦ポイントやポケットを目印とする こちらは遠くて厚みがよく分からない時に、ポイントを当てにしたり(①) サイドを狙う時にツノを狙ったり(②)、スロウを考慮する際にコーナー角(

▼続きを読む

ビリヤードの厚みの測り方、厚みの見え方、狙い方は人によって様々です。 一般的には、一番初めにイメージボールというものを習うことが多いですが、上達するにつれて感覚や景色で分かってきます。 ただ、遠い球や難しい角度は厚みを考えたりします。考え方は、イメージボール

▼続きを読む

前回の続きでもあるのですが、手球がレールから離れた場合においても別の方法で代用が可能です。   例えば、下記みたいなときに、   下記のようなイメージで当てるのは簡単ですが、狙えるのであればサイドポケットも狙いたいとこ

▼続きを読む

最近、試合で何度かこういう局面にあったのですが、いずれもミスをしてしまいラックを落としてしまいました。       当てるだけであれば、下記とかを使う方が多いのかもしれませんが、  

▼続きを読む

【part1】【part2】からの続きです。 今回は、マスワリに関して考察していきます。 マスワリはAクラス以上の試合ではごく当たり前に出るもので、逆に「マスワリを試合で出せないようでは上で勝つのは正直厳しい」のが現実です。 Aクラスの試合で優勝するに

▼続きを読む

【part1】からの続きです。 今回は、ブレイクに関しての考察していきます。   Bクラスと違ってAクラスではブレイクは勝敗を握る最も重要なポイント   Bクラスの分析の際に、下記でブレイクの事も少し考察しました。 htt

▼続きを読む

今年の初めくらいの事ですが、「ビリヤードのBC戦での敗因はどこにあるのだろう?200ラック以上見て考えた」っていうのを書いてそこそこ反響を頂きました。 そこからB級戦でも優勝することが増えてきて、A級戦でも勝てるようになりたいと思い始めました。 正直、A級戦

▼続きを読む

時間がない時や全体的なイレがイマイチのC~B級向けのトレーニング法です。 とはいっても、大して目新しい練習法でもないです。   このブログを書く理由として、 私が説教する訳でもなんでもないのですが、上手くなりたいと言いながら、スマホゲー

▼続きを読む