ビリヤード1年でA級になりたい。Bクラスでも参考になりそうな参考ショット集めました。

簡単ではないけど、入れたい配置はあります。 出しを意識すればさらにシュート率は下がりますが、イレイチであっても入れておきたい球っていうのはあります。 私の中では、シュートレベル2(タフショット)の球と勝手に思っています。(1がイージーで、3はベリータフ)

▼続きを読む

少し前に、ツイッターでボーニングがシャフトエイミングシステムを使っているというのをつぶやきました。   Sharivariの動画で知ったが、SVBはShaft aiming sysyemを使っているらしい。そのシステムを調べたらこの動画に行きついた

▼続きを読む

試合で最後に外して負けたなら「イレが弱かった」でまだ納得いくのですが、「このポイントを撞く時に意識すれば勝てた!」っていう事も多々あります。 これは、技術云々ではなく、「意識の差」「知識の差」になります。 「 これで私は負けました」のコーナーでは、私の経験を

▼続きを読む

今年に入ってから、去年よりも格段に上手くなっているはずなのに全然勝てない時期がありました。 下手な半年前の方が勝っていた記憶があったのですが、試合では勝てない。 イレでは圧倒的に差がある格下相手でも、こちらがハイボール献上して負けるなんてことはザラにありまし

▼続きを読む

試合で最後に外して負けたなら「イレが弱かった」でまだ納得いくのですが、「このポイントを撞く時に意識すれば勝てた!」っていう事も多々あります。 これは、技術云々ではなく、「意識の差」「知識の差」になります。 「 これで私は負けました」のコーナーでは、私の経験を

▼続きを読む

試合で最後に外して負けたなら「イレが弱かった」でまだ納得いくのですが、「このポイントを撞く時に意識すれば勝てた!」っていう事も多々あります。 これは、技術云々ではなく、「意識の差」「知識の差」になります。 「 これで私は負けました」のコーナーでは、私の経験を

▼続きを読む

試合で最後に外して負けたなら「イレが弱かった」でまだ納得いくのですが、「このポイントを撞く時に意識すれば勝てた!」っていう事も多々あります。 これは、技術云々ではなく、「意識の差」「知識の差」になります。 「 これで私は負けました」のコーナーでは、私の経験を

▼続きを読む

試合で最後に外して負けたなら「イレが弱かった」でまだ納得いくのですが、「このポイントを撞く時に意識すれば勝てた!」っていう事も多々あります。 これは、技術云々ではなく、「意識の差」「知識の差」になります。 「これで私は負けました」のコーナーでは、私の経験を始

▼続きを読む

突然ですが、下記の図①と②でイレイチで決めれば勝つという場合。   ①②でそれぞれサイドとコーナーどちらに狙いますか?(腹切りバンクも場合によっては。。) あくまで図なので、実際の台に立ってみないと何とも言えないかと思います。コンディ

▼続きを読む

練習で出なくても、相撞きや試合で「あれっ」ていう球が出る。厚みの間違いよりもストロークミスが多いショット。 アドレス、足の位置、効き目、手首、肘の位置、体の傾き、懐の広さ、ストロークのタイミング、しごきのリズム、フィニッシュのイメージ等、人によってすべて異なるため

▼続きを読む